脱毛の口コミ・評判

脱毛は黒ずみで断られる?消えるのか?

 

以前に比べて脱毛サロンの数が増えて手頃な価格で脱毛できるようになったため今は脱毛サロンに通う女性はとても多いですよね。

ムダ毛が生えてくるたびに自分で処理するのは面倒だし、簡単にずっときれいな肌がキープできるならそれに越したことはありません。

ですが、いざ脱毛サロンで施術してもらおうと思うと気になることがいろいろ出てきます。

その1つが肌の黒ずみです。

「肌に黒ずみがあるとサロン脱毛できない」なんていう話を聞いたことがあって脱毛サロンにいくのをためらっているという人もいるのではないでしょうか。

脱毛サロンに相談にいって黒ずみを理由に断られるのはちょっと恥ずかしい気もしますしね。

そこで今回は脱毛サロンの施術と肌の黒ずみの関係についてお話します。

肌に黒ずみがあってもサロン脱毛はできる?断れるケースとは

肌に黒ずみがあるとサロンでは脱毛きない、これからサロンでの脱毛を考えている人にとっては気になるところですよね。

この点について実際のところはどうなのかというと、実は多くの場合は肌に黒ずみや色素沈着があってもサロンでの脱毛の施術は受けられます。

肌の黒ずみや色素沈着は人によって程度に違いがあるので必ずではないですが、ちょっとした黒ずみで施術を断られることはありません。

特にVIO脱毛の場合。

デリケートゾーンは皮膚が薄く色素沈着や黒ずみが起こりやすい部位で、全く黒ずみがないという人のほうが珍しいです。

ではなぜ「肌に黒ずみがあるとサロンでは脱毛できない」と言われているのか、気になりますよね。

これは脱毛の方法に関係しています。

いま脱毛で主流なのは光脱毛やレーザー脱毛です。

光脱毛やレーザー脱毛は施術の時にメラニン色素の黒色に反応して熱ダメージを与える光を肌に照射します。

そのため、肌に黒ずみがあるとその部分が熱を感じて肌がやけどしてしまう恐れがあるんですね。

また、肌に黒ずみがあると脱毛の施術中に痛みを感じやすいとも言われています。

そういったことから「肌に黒ずみがあるとサロンでは脱毛できない」と言われているんです。

ただ、最近は昔に比べて脱毛の種類がとても増えていて、それぞれ脱毛する仕組みや使う機械が違っています。

中には日焼けしてメラニン色素で黒くなった肌でも施術できる脱毛方法もあるくらいです。

そのため、1つのサロンで断られたとしても別の脱毛方法や機器を導入しているサロンなら黒ずみのある肌でも施術を受けられることがありますよ。

肌の黒ずみの原因

そういうわけで、現在は肌に多少の黒ずみがあってもサロン脱毛での施術は受けられます。

ただ、できれば黒ずみがないほうが施術を受けやすいし、施術中の痛みの面でも安心です。

そこで気になるのがそもそもなぜ肌が黒ずんでしまうのか?ということ。

肌の黒ずみはメラニン色素による色素沈着が原因で起こります。

肌はメラニン色素をつくることによって様々なものから肌を守っているんです。

例えばわかりやすいのが紫外線を浴びた後の肌の日焼け、これは紫外線ダメージから肌を守るためにメラニン色素を作っています。

その他にもタオルで強くこすったりきつい下着や締め付けのきつい洋服による肌の摩擦、肌の乾燥、カミソリなどでの自己処理での肌表面へのダメージなど。

どれもちょっとしたことですが、あらゆる刺激で肌のメラニンは作られてしまうんです。

ただ、本来ならメラニン色素ができてもターンオーバーで肌が入れ替わる時にメラニン色素も体の外に排出されるようにできています。

ですが、ターンオーバーの周期が乱れて肌に不要になった肌がいつまでも残っていたりするとメラニンも排出されずに皮膚の中に残ってしまいます。

また、ホルモンバランスの乱れでメラニンが余計に作られることもあります。

そうやってメラニン色素が排出されず肌の中に溜まり沈着すると黒ずみになってしまうんですね。

肌の黒ずみを薄くするには?

肌に多少黒ずみがあってもサロン脱毛は可能ですが、今ある黒ずみを少しでも薄くしたほうがサロン脱毛を受けやすいし、光脱毛やレーザー脱毛の場合は痛みややけどのリスクも減らせます。

そのためにはふだんの生活でのちょっとした心がけが大切です。

例えば、こすれることの多いTバックのショーツやきつい下着をつけるのをやめたり、スキニージーンズなど締め付けのきつい服を着ないなど身につける衣服に気を配るのが大切です。

また、黒ずみを作る大きな要因になるカミソリや毛抜き、脱毛クリームでのムダ毛処理をやめるのも効果的。

ふだん露出するパーツなら紫外線対策も欠かせません。

服のこすれ、ムダ毛の自己処理、日焼けは肌の黒ずみをつくるとても大きな原因なので、まずはこの点をしっかりケアして新たな黒ずみを作らないように気をつけます。

黒ずみケアのクリームや美白成分のあるクリームなどを使うこともメラニンの生成を抑えたり、これからできるしみやくすみを防ぐはたらきが期待できますよ。

次にすでにできてしまった黒ずみへのケア。

これは肌の入れ替わりのサイクルを整えてできてしまったメラニンを体の外に排出するように心がけます。

そのためには睡眠や食事などに気をつけて規則正しい生活を送ることで肌の新陳代謝をアップさせ、ターンオーバーの周期を整えるのがポイントです。

また、ビタミンCにはメラニンの生成を抑えて色素沈着を緩やかにしてくれるはたらきが期待できるのでビタミンCを多めにとるのも効果的ですよ。

さいごに

肌の黒ずみは人によって個人差があるので絶対とは言い切れませんが、多くの脱毛サロンでは肌に少し黒ずみがあっても脱毛の施術は受けられます。

ただ、黒ずみがないほうが脱毛にはなにかと好都合。

スムーズに脱毛の施術を受けるためにも、新しい黒ずみを作らず、今すでにできてしまっている黒ずみを薄めていくケアをするというのがポイントです。

-脱毛の口コミ・評判

© 2021 【ブス頑張るTV】