脱毛の口コミ・評判

背中の光脱毛は効果ない?回数の目安やデメリット

 

背中は手が届きにくい場所なので自分ではムダ毛処理がしにくいですよね。

できればサロン脱毛できれいにしてもらいたいと思う部位です。

一方で、光脱毛の口コミを見ていると「背中の脱毛は効果がない」なんて感想を目にすることもあります。

実際のところ背中の脱毛の効果はどうなんだろう?と悩んでいる人もいるかもしれません。

そこで今回は背中の脱毛の効果や回数、背中の脱毛をする際のデメリットについてお話します。

背中の光脱毛は効果がない?

背中は光脱毛をしても効果がない、と言われるのには脱毛の施術方法に関係があります。

現在、サロン脱毛では光脱毛が主流です。

この光脱毛ではメラニン色素の黒色に反応して熱に変わる特殊な光をあてて毛根にダメージを与えることで毛が生えないようにしています。

そのため、脇やデリケートゾーンに生える毛のように太くて黒い毛は脱毛効果を感じやすいのが特徴です。

一方、背中に生える毛は産毛のような細い毛が多いです。

毛深い人でも脇などの毛に比べたら背中の毛はずっと細くて毛の色も薄いですよね。

背中はそういった毛がたくさん生えている状態のため、光脱毛の光がうまく熱に変換されず毛根へのダメージが少ないことで脱毛効果が発揮されにくい場所なんです。

ただ、脱毛効果が全くないのかというとそういうわけではありません。

脇やデリケートゾーン、腕や脚などに比べると施術回数が多く必要になりますが、施術を重ねることで徐々に毛を減らしていくことはできます。

背中の毛を光脱毛で脱毛する場合、回数の目安としては少なくとも10~12回ほど必要です。

毛質によってはもっとかかることもあります。

背中の脱毛効果を早く感じたい時は

光脱毛は毛の生えかわりのサイクルにあわせて施術をおこなうので10回以上となるとそうとうの時間がかかりますよね。

背中の脱毛効果をもっと早く感じたいという人もいると思います。

そういう時は脱毛の方法を変えるのがポイントです。

いま主流になっている脱毛方法は先ほど紹介した光脱毛ですが、脱毛の施術方法は他にもたくさんあります。

その中には細くて色素が薄い産毛にも効果的に脱毛ができる方法があります。

脱毛の方法が変わると使う機器が変わってくるため、産毛に対応した脱毛機器を導入している脱毛サロンやクリニックを選ぶのがポイントです。

また、産毛に効果のある脱毛方法にすることで回数を減らせることがありますが、脱毛方法が変わると値段も変わってくることがあるので事前にしっかり確認をしておくのが大切ですよ。

背中脱毛のデメリット

「背中の脱毛で後悔・・・」なんて口コミを見て背中の脱毛をためらっている人もいるかもしれません。

この後悔の理由は人によって違いますが、背中脱毛でよく聞かれるのが「施術前より毛が濃くなってしまった」というもの。

これは「硬毛化」というもので、光脱毛などの刺激を受けて毛が太く硬くなって以前よりも目だってしまうというものです。

この硬毛化はもともとしっかりした毛が生える部分よりも細い産毛のような毛が多いお腹や背中、顔の脱毛などで起こりやすいのが特徴です。

ただ、万が一、背中の毛が硬毛化してしまったとしてもきちんと脱毛の施術を続けていくことでいずれはその毛も脱毛されて生えてこなくなります。

サロン脱毛だとあまり見かけないのですが、クリニックなどでは「硬毛化保証」という保証をつけるところもあるので心配な人はそういったクリニックを探してみるといいかもしれません。

背中脱毛のまとめ

背中の毛は産毛のような細くて色の薄い毛が多いので光脱毛では効果が出にくい部分です。

ただ、全く効果がないというわけではなく、回数を重ねることで背中の毛も徐々に脱毛していくことができます。

できるだけ早く背中の脱毛効果を感じたいという場合は産毛に効果のある施術方法を取り入れている脱毛サロンやクリニックを選ぶのがポイントですよ。

-脱毛の口コミ・評判

© 2021 【ブス頑張るTV】