脱毛の口コミ・評判

脱毛でニキビ改善?減るってホント?

「脱毛するとニキビが減る」という声がある一方、「脱毛したらニキビが増えた!」という口コミや評判も見かけることがありますよね。

せっかく脱毛をしてもニキビが増えてしまうとなるとちょっと心配・・・

そう感じて脱毛をためらってしまうという人もいると思います。

そこで今回は脱毛でニキビが増えるといわれる理由について詳しくお話しますね。

脱毛するとニキビが増える?

「脱毛するとニキビが増える」という口コミを見ると心配になりますよね。

実際のところどうなのかというと、脱毛の施術を受けた後にニキビのようなものができることは確かにあります。

その原因は2つあります。

まず1つ目は本当にニキビができてしまう場合。

脱毛の施術をすると肌が敏感になり肌のバリア機能が低下してしまうため肌にいるアクネ菌が増殖しやすくなり一時的にニキビができやすくなることがあります。

この場合は施術後に保湿などアフターケアをしっかりして肌の調子を整えることが予防につながります。

次に「毛嚢炎(もうのうえん)」ができてしまう場合です。

脱毛後にできるニキビのようなものは毛嚢炎という毛穴に起こる炎症のことが多いです。

毛嚢炎はニキビとはまったく別物です。

毛穴にのあるところに赤くぷつぷつと腫れができ、見た目はニキビと同じように見えます。

そのため、ニキビと勘違いしてしまう人が多いんですね。

ニキビと毛嚢炎の違い

ニキビは毛穴に皮脂や角栓がつまり、そこでアクネ菌が増えることで起きる炎症です。

一方、毛嚢炎は毛穴に傷ができてブドウ球菌が増えることで起こる炎症です。

見た目はニキビと同じですが毛嚢炎はできる経緯や原因となる菌がニキビとは違います。

脱毛後に毛嚢炎ができやすい理由

脱毛の施術では黒い色に反応する光を当てることで毛穴の奥に熱を加えダメージを与えることで毛が生えてくるのを抑えます。

この時、光の熱は毛穴の奥にある毛細血管と繋がっている部分にまで届きます。

毛の再生力を抑えるほどの熱があたると毛穴の奥は一時的に火傷をしたような状態になります。

また、お肌のバリア機能も低下してしまうので菌が増えやすくなってしまいます。

そのため脱毛の光でダメージを受けた毛穴でブドウ球菌が繁殖して炎症を起こし毛嚢炎ができることがあるんですね。

ブドウ球菌は顔やVIO、脇など、皮膚が薄く皮脂が多い場所で増えやすく、そういった箇所の脱毛をすると毛嚢炎になりやすいです。

脱毛で毛嚢炎ができてしまった時の対処法

毛嚢炎ができてしまっても数が少なく痛みやかゆみなどがなければ時間とともに落ち着いてくるのそのまま様子を見ていれば大丈夫です。

ただ、毛嚢炎がたくさんできてしまった場合や痛みやかゆみ、熱があるという場合は早めに皮膚科を受診したほうがいいです。

ひどい毛嚢炎は放っておくと跡が残ったりシミになることがあります。

毛嚢炎の治療は基本的にはニキビの治療と同じです。

脱毛での毛嚢炎を予防するには

毛嚢炎は毛穴の奥の傷や刺激が原因で起こるものですが、脱毛の施術では毛穴への多少の刺激は避けられません。

そのため、大切なのは脱毛の施術を受けた後のデリケートな状態の肌をきちんとケアすることです。

どこの脱毛サロンでも施術後の禁止事項があると思いますが、こういったことをきちんと守ることも大切ですよ。

例えば、脱毛の施術をした日は

湯船に浸からずぬるめのシャワーですませる。

飲酒をしない。

激しい運動をしない。

日焼けをしない。

サウナや岩盤浴、温泉などに入らない。

施術した部分の保湿ケアをしっかりする。

こういったことに気をつてなるべく肌に刺激を与えないようにするだけでも毛嚢炎ができにくくなります。

脱毛でニキビを作らないためには!

脱毛するとニキビができるといわれますが、実際にできるのは毛嚢炎というニキビとは別の炎症です。

毛嚢炎ができても痛みやかゆみがなく少量であればそのまま放っておけば自然と落ち着いていきます。

ですが、毛嚢炎が大量にできたり痛みやかゆみがでる場合は皮膚科を受診するようにします。

脱毛後に毛嚢炎をつくらないためには脱毛サロンで言われる施術後の注意事項をきちんと守りお肌を丁寧にケアすることが大切ですよ。

-脱毛の口コミ・評判

© 2021 【ブス頑張るTV】